トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 「歯を長持ちさせるため」治療の基となる大事な治療です

「歯を長持ちさせるため」治療の基となる大事な治療です

根管治療どんなにきれいで精巧なセラミックや金属などの被せ物を入れたとしても、その下の土台となるのは歯根です。家でいえば基礎になりますので、この根管治療の良否が歯の寿命を左右するものであるといっても過言ではありません。症状がない場合でもレントゲン等の診査で歯根の先に病巣が見られるケースがありますので、被せ直し等の場合に必要があれば、根管治療からしっかりと行うことをお勧めしています。

根管治療の流れ
【STEP1】
正確な操作ができるように、神経のスペース(歯髄腔)まで穴をあけます。
次へ
【STEP2】
リーマー、ファイルという器具を使い、歯髄や汚染物質を除去しながら根管を拡げます。その際、根管の長さを電気的に測定しながら、またはレントゲンで長さを確認しながら作業を進めます。
次へ
【STEP3】
超音波や薬液を使用して根管内の洗浄を行いますが、根管内がきれいになるまで回数を要する場合もあります。必要に応じて、レーザーの照射や抗生剤を使用することもあります。
次へ
【STEP4】
根管が清潔になったら、再び感染が起こらないように根管の先まで薬を詰めて封鎖します。
次へ
【STEP5】
根管治療後の歯は、詰め物・被せ物による歯冠修復を行います。


トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 「歯を長持ちさせるため」治療の基となる大事な治療です



TOP