トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 日本人の成人80%が歯周病に

日本人の成人80%が歯周病に

歯周病治療

歯周病は歯肉に炎症の起こる病気で、進行すると歯を失ってしまうこともあります。悪化して自覚症状が出るまでは「自分には関係のない話だ」と思っていた患者さんも多いのですが、実は約8割の日本の成人が歯周病にかかっている、という事実もあるのです。

自覚症状がないまま、症状は悪化する
歯周病の原因としては、遺伝が関係しているケースもあれば、日々のストレスが原因となっているケースもあります。中でも影響が大きい原因のひとつは、口の中の細菌が歯と歯肉の間にある歯周ポケットで増殖してしまうことです。

細菌が繁殖することで歯肉に炎症が起こり、歯肉の内部や歯を支える骨にまで影響が広がっていくのです。そこで当院では、プラークコントロール(歯垢除去)を中心とした治療を基本として、原因を取り除くことに注力しています。プラークコントロールには、歯科医師や歯科衛生士が行うものと、患者さんご自身が行うものがありますが、ご自身で行うのは主にブラッシング(歯ブラシでの歯みがき)です。

全身に広がる悪影響
歯周病は歯を失う原因の第1番ですが、それだけではなく、歯周病があると細菌や炎症物質が血液に入り込み、全身に運ばれて悪影響を及ぼすことがわかっています。歯周病と密接な関係がある病気として「心臓病」「脳卒中」「糖尿病」「早産・低体重児出産」「誤嚥性肺炎」などがあります。したがって、歯周病が改善できれば、全身の病気が改善したり、発症の予防につながったりする可能性があります。


トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 日本人の成人80%が歯周病に



TOP