トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯) » 入れ歯の素材や種類

入れ歯の素材や種類

入れ歯にはさまざまな種類があります。使用感やお手入れのしやすさなどは、使用する素材や作り方によって大きく異なります。お口の中の状態の変化をチェックし、必要な治療や調整、新たな素材の選択などを行うことで、入れ歯の悩みはきっと改善できます。あきらめず、一緒に治療していきましょう。 患者さん個々の状況によって適応となるものが異なるので、十分に相談して決めさせていただきます。
チタン(保険外)
義歯
純チタン or
チタン合金
・チタンは体内に埋め込むことができるほど安全性の高い金属で、お口の中では金属味がほとんどない
・レジン床の3分の1の厚さでできるので違和感も少なく、熱伝導率がとても良好
・コバルトより軽く、食べ物の温度が伝わりやすい
コバルト(保険外)
義歯
硬質コバルトクローム合金 ・レジン床の3分の1程度の厚さなので、違和感が少なく、熱伝導率も良好
精密なプラスチック(保険外)
義歯
レジン床
金属
・プラスチックであるが、精密な型取りを行って製作
・保険適応の義歯よりも適合性に優れ、設計の自由度が高い
プラスチック(保険適応)
義歯
レジン床
コバルト合金
・使用できる材料やデザインに制限がある
・基本的にはすべてプラスチックのため分厚くなり、快適さが損なわれたり、口の中で熱が伝わりにくくなったりするが「噛む」という入れ歯の基本的な機能については変わりがない
ノンクラスプ(保険外)
義歯
プラスチック ・バネがないので入れ歯とわからない
・適応はお口の状態による
・傷になりにくい
・割れにくい


トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯) » 入れ歯の素材や種類



TOP