トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科 » 患者さんの希望や機能性を重視して素材を提案

患者さんの希望や機能性を重視して素材を提案

審美歯科修復の素材は何種類かあり、目的に応じて選択します。従来は「メタルセラミック」という素材が中心でした。これは、セラミックの強度を補うために、フレームに金属を使用している素材です。今一番人気のある審美メニューは、メタルセラミック以上に美しさを向上させた「オールセラミック」です。

これは、表面材だけでなくフレームにもセラミックを使用していることから、従来の歯科用合金に起因する金属アレルギーのリスクが少ないことも特徴です。さらには、光が金属によって遮られないので、より自然な美しい人工歯となります。

多くの患者さんに人気があるのはメタルボンドやセラミックですが、奥歯の治療など、見た目よりも強度が大切になるケースでは、セラミックやジルコニアでなく、金や白金をお勧めすることもあります。いずれにしても、最終的な決定権は患者さんにありますので、ゆっくりとお考えください。

5年間の安心保証
当院では、保険適応外の被せ物や詰め物には、基本的に5年間の保証期間を設けています。万が一、治療後に破損や脱落などがあっても、保証期間内であれば再治療をいたしますのでご安心ください。

(当院でお勧めする定期健診を受けていただいている場合のみ、保証の対象といたします。)


トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科 » 患者さんの希望や機能性を重視して素材を提案



TOP