トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科 » 当院の審美歯科メニュー

当院の審美歯科メニュー

【オールセラミック】審美歯科
白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用した人工歯です。内部に金属を一切使用していないため自然な色合いが再現でき、審美性に優れていることから、主に前歯の治療に適しています。ただし、強い力が加わると破損する恐れがあるため、歯ぎしりが強い方や噛み合わせが不自然な方は注意が必要です。

<オールセラミックのメリット>
●短い治療期間で、白く美しい歯が手に入る
●歯並びや噛み合わせの改善にも利用できる
●金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出などがない
●金属不使用なのでアレルギーが起こりにくい

<オールセラミックのデメリット>
●割れやすい
●歯を削る量が比較的多い
●保険外の治療なので、値段が比較的高くなる

【ジルコニア】審美歯科
人工ダイアモンド素材をセラミックで覆い、しっかり焼き付けた人工歯です。自然な白さと強度があり、奥歯の治療や歯ぎしりをされる方にも適しています。

<ジルコニアのメリット>
●奥歯を白くしたい人や歯ぎしりをされる方に最適
●金属不使用なのでアレルギーが起こりにくい

<ジルコニアのデメリット>
●天然歯より固いため、噛み合う歯が傷つく場合がある
●保険外の治療なので、値段が比較的高くなる

【メタルボンド】審美歯科
金属の上からセラミック(陶器)素材で覆い、しっかり焼き付けた人工歯です。金属部分が見えないため見た目がきれいで、セラミックによって天然歯に近い色調や質感を再現することができることから、多くの患者さんがよく選択される治療法です。土台に使用した金属が、より強度を高めています。

<メタルボンドのメリット>
●表面硬度が高く、摩耗しにくい
●色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
●歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
●オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

【ハイブリッドセラミック】審美歯科
セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られた人工歯です。オールセラミックよりも柔らかく、ほかの歯にダメージを与えにくいというメリットがある反面、年数の経過によって変色しやすいというデメリットもあります。

<ハイブリッドセラミックのメリット>
●強度が天然歯に近いので馴染みやすい
●色素が付着しにくく、変色がない

<ハイブリッドセラミックのデメリット>
●歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
●オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

【金合金】審美歯科
銀歯に比べて金の含有量が多い人工歯です。天然歯に近い硬さがあり、噛み合わせる相手の歯にも優しく、奥歯の治療などに適しています。耐久性がありますが、色を気にされる方も少なくありません。

【銀歯】審美歯科
保険が適用でき、日常的にお使いいただけます。審美性に欠けているため、奥歯など目立たない部位の治療に適しています。なお、金属アレルギーを引き起こしやすいので、アレルギーがある方は、事前にご相談ください。


トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科 » 当院の審美歯科メニュー



TOP