トップへ » 診療科目と料金 » 予防歯科 » 予防に勝る治療なし

予防に勝る治療なし

予防歯科

むし歯や歯周病などで困っている方を治療によって助けることは、もちろん歯科医院の大切な役割です。しかし、きちんと予防できれば、困った状態になるのを防ぐことが可能なので、私は予防に一番力を入れるべきだと考えています。むし歯や歯周病の予防のために行われる歯みがきや食事の指導、フッ化物使用、歯の清掃(クリーニング)などは、そのものが治療とも言えます。まさに予防に勝る治療なしです。

予防歯科の目的は、歯や歯肉が悪くなってから歯科医院に来るのではなく、日常からお口の健康を維持し、美しい歯をいつまでも残すこと。自分で毎日きちんと歯みがきをしていても、セルフケアだけでは歯の汚れを完全に落とすことはできないので、定期的にプロのケアとチェックを受けることをお勧めします。

セルフケアでは落ちないバイオフィルムとは?
磨き残しなど、お口の中に汚れが蓄積されると、その汚れを栄養源とする細菌が増加し、歯の表面にバイオフィルムと呼ばれる膜を形成します。このバイオフィルムの特徴は、歯の表面に強い力で付着し、簡単には落ちないことです。抗菌性の薬も効きにくく、間違ったブラッシングではすべてを落とすことはできません。


トップへ » 診療科目と料金 » 予防歯科 » 予防に勝る治療なし



TOP