トップへ » 診療科目と料金 » 矯正歯科 » 矯正治療の流れ

矯正治療の流れ

【STEP1】相談~初診矯正治療の流れ
まずは、保護者の方とお子さま本人の希望や疑問をお伺いすることから始めます。お子さまの不安を取り除き、歯科医師とコミュニケーションが取れたところで、お口の中や顔の骨格を簡単に診察します。その後、矯正治療の概要や流れをご説明します。

次へ
【STEP2】詳細な診察矯正治療の流れ
ベストな治療計画を立てるために、患者さんのおの中を詳しく診察します。レントゲン撮影・歯の型取り・口の中と顔の写真撮影などを行い、現在の歯と骨格の状態を確認します。

次へ矯正治療の流れ
【STEP3】治療計画の立案・ご説明
まずは、レントゲンなどの診察データをもとに、治療方法や期間、費用や支払い方法などをご説明します。その上で、あらゆる面で納得して治療に臨めるように十分話し合い、治療計画を立てていきます。

次へ矯正治療の流れ
【STEP4】クリーニング+むし歯の治療
治療の前には、PMTCなどで口の中をきれいにクリーニングします。さらには、矯正治療中に新たなむし歯を発生させないよう、患者さんに適した歯みがき指導も行います。また、むし歯がある場合には、矯正治療前にむし歯を治すことから始めます。

次へ
【STEP5】矯正治療スタート矯正治療の流れ
いよいよ矯正治療のスタートです。床矯正の場合、初めて矯正装置をつけるときは、調整等のために1~2時間ほど要します。装置をつけた直後は、締めつけられるような感じや痛みを感じることがあるかもしれませんが、数日~1週間後にはおさまります。ご安心ください。

※床矯正の装置をつけたあとは、3~8週間おき(症状による)にご来院いただき、歯の状態チェックや装置の調整、歯のクリーニングなどを行います(1回の治療時間は15分~1時間)。治療期間の目安は1~3年ですが、症状や装置の種類、治療の難易度によって変わります。

次へ矯正治療の流れ
【STEP6】治療終了~アフターケア
歯並び・噛み合わせがきれいに整い、よく噛めるようになったら矯正装置による矯正は終了です。しかし装置を外したままにすると、歯が再び動いて元の状態に戻ろうとしてしまうため、正常な位置に落ち着くまでの1~2年間は保定期間となります。

歯を支えている骨が新しい歯並びに合わせてしっかりと落ち着くまで、取り外し可能な「リテーナー」という固定用装置を使います。ここからは3ヶ月~1年に1度、メインテナンスにご来院いただきます。


トップへ » 診療科目と料金 » 矯正歯科 » 矯正治療の流れ



TOP