トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科 » 無理やり治療をすることはありません

無理やり治療をすることはありません

小児歯科当院では、泣いたり嫌がったりしているお子さんを、押さえつけて無理やり治療することはしていません。お口もあまり開けずにモゴモゴしていたり、唇が強張っていたり、歯を食いしばったりしている状態で、無理に治療することはとても危険だからです。

まずは医院やスタッフに慣れることから始め、その次に口を開けることへの慣れを促すマッサージやお口の体操などをして、危険のない状況を作ってから治療に入ります。ご希望であれば、親御さんが診療台の近くにいることも可能ですので、ご安心ください。

必要な応急処置はしっかり行います
ただし、痛みがある、膿が溜まっているなどで応急処置が必要な場合には、最小限の治療は行います。痛みで眠れなかったり、食事が摂れなかったりということでは、健康を損なうことになります。

応急処置は、痛みを抑えるための仮詰めや薬の処方、むし歯の進行を抑制する処置などですが、患部の状況にもよります。もちろん、保護者の方へのご説明とご相談をし、同意をいただいてから治療しますので、安心してお子さまをお連れください。


トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科 » 無理やり治療をすることはありません



TOP