トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(むし歯治療) » レーザーを使った治療

レーザーを使った治療

一般歯科歯科治療の新しい方法として注目されているものに「レーザー治療」があります。痛くない歯科治療を目指す当院では、このレーザーを治療に使用する場合もあります。

当院が導入しているのは「Nd:YAGレーザー(ネオジュームヤグレーザー)」と呼ばれる機種で、以下のような治療や症状の緩和に効果が期待できます。

●むし歯の治療や予防
レーザーをあてることによって歯質を強化することが可能、といわれています。だだし、どのような症例でも使用できるわけではないので、適応症例かどうかはご相談ください。

●知覚過敏の治療
通常は知覚過敏処置剤や歯の表面のコーティングで抑えることができますが、それでもしみる場合はレーザーをあてることにより症状を緩和させることも、症例によっては可能です。

●歯の神経(歯髄)を抜いたあとのケア
神経(歯髄)を抜いたあとにレーザーをあてることによって、殺菌や消毒を行うことができます。

●歯周病治療
症例によりますが、歯周ポケット内の殺菌に使用することが可能です。レーザーの使用により治療箇所の改善が早まる、といわれています。

●口内炎治療
レーザーをあてることによって痛みを感じにくくなり、完治が早まります。

●その他
義歯による痛み、化膿したときの排膿路の痛みなど、さまざまな治療(痛みの緩和)に使用することができます。


トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(むし歯治療) » レーザーを使った治療



TOP