トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(むし歯治療) » できるだけ「削らない・抜かない」方針です

できるだけ「削らない・抜かない」方針です

一般歯科

髪や爪と違って、削ったり抜いたりした歯は二度と元どおりにはなりません。そして、どんなに高度な治療や高級な詰め物も「生まれもった歯」にはかなわないのです。ですから当院では「できるだけ削らない、抜かない」ことを方針としてむし歯治療を行っています。

ただし、どうしても削らなければならない場合には、その必要性をご説明した上で、最小限の範囲で削り「むし歯を残すことによるリスク」を排除します。いずれにしても治療後のメンテナンスが大切ですので、定期健診にはしっかり通っていただきたいと思います。

早期発見に役立つダイアグノデント一般歯科
ダイアグノデントとは、レーザーによる最新式のむし歯検査機器です。レーザーを歯に照射して発光状態をチェックすることにより、むし歯の進行度合を数値で判断できるようになり「必要以上に歯を削らない治療」に大きく役立っています。また、歯面に器具の先端を軽く滑らせるだけで歯質のチェックができるので、診査においても痛みはまったくありません。

<ダイアグノデントのメリット>
・レントゲンや肉眼では発見が困難なむし歯の測定が可能
・歯の表面下にある小さなむし歯の進行まで把握、管理できる
・目に見えない歯質の変化を知ることで、早期の予防で進行が食い止められる


トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(むし歯治療) » できるだけ「削らない・抜かない」方針です



TOP