トップへ » 診療科目と料金 » 顎関節症

顎関節症

顎関節症

「あごが痛い・口が開けにくい」「あごの関節から音がする」

このような症状があれば、顎関節症かもしれません。しかし、顎関節症をむやみに怖がる必要はありません。

顎関節症を引き起こしやすい生活習慣や悪い癖を改めること、痛みに対しては薬を服用する、患部を安静にするための理学療法やスプリント(マウスピース)の装着などで、ほとんどの人が良くなっています。

顎関節症は、手遅れになると悪化するという病気ではありません。でも日常生活に支障があるような症状は取り除かなければなりません。このような症状の方は、お気軽にご相談ください。顎関節症の治療で歯を削る、歯を抜く、矯正治療をする、などが必要なケースはほとんどありませんので、ご安心ください。


トップへ » 診療科目と料金 » 顎関節症



TOP