トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療

歯の根の中(根管)を洗浄・殺菌して、歯を残すための治療

根管治療

むし歯が進行すると、その穴の中にいる細菌は歯の神経(歯髄)にまで到達し、そこで歯髄の炎症=歯髄炎を起こします。歯髄炎になると痛みが強くなり「夜、痛くて眠れない」「歯がしみて何も食べられない」というような強い症状が現れます。歯髄は周りを 固い壁=歯 で囲まれているために炎症による圧力の逃げ場がないので、強烈に痛むのです。

こうなると、細菌に汚染された歯髄をとる=抜髄という治療が必要になります。

また、この状態をさらに放置すると歯の神経(歯髄)は死んでしまい、症状はなくなりますが、歯根の先は感染が起こったままの状態になっています。そしてある日突然、歯の根の先に膿を持ち、歯ぐきが腫れて強烈に痛むことがあります。歯髄炎になったり、死んでしまった歯髄を取り除き、根管をキレイに洗浄・殺菌したあとにしっかりと封鎖して感染を防ぐことで、歯を抜かずに残すのが根管治療です。

●感染を放置しておくと
あごの骨の中に細菌がいる状態ですから、ここから全身的な影響が出ることも報告されています。
意外な体調不良の原因となっているかもしれませんね。

こんな場合にも
「むし歯が悪化してしまい、抜くしかないと言われた」
「神経を取ったのに、歯ぐきが腫れたり痛んだりする」
「根の治療をしてもらったはずなのに、再発した」

こんな歯の悩みやトラブルの場合でも「根管治療」を行うことで、歯を救うことができるかもしれません。

「歯を長持ちさせるため」治療の基となる大事な治療です

根管治療どんなにきれいで精巧なセラミックや金属などの被せ物を入れたとしても、その下の土台となるのは歯根です。家でいえば基礎になりますので、この根管治療の良否が歯の寿命を左右するものであるといっても過言ではありません。症状がない場合でもレントゲン等の診査で歯根の先に病巣が見られるケースがありますので、被せ直し等の場合に必要があれば、根管治療からしっかりと行うことをお勧めしています。

根管治療の流れ
【STEP1】
正確な操作ができるように、神経のスペース(歯髄腔)まで穴をあけます。
次へ
【STEP2】
リーマー、ファイルという器具を使い、歯髄や汚染物質を除去しながら根管を拡げます。その際、根管の長さを電気的に測定しながら、またはレントゲンで長さを確認しながら作業を進めます。
次へ
【STEP3】
超音波や薬液を使用して根管内の洗浄を行いますが、根管内がきれいになるまで回数を要する場合もあります。必要に応じて、レーザーの照射や抗生剤を使用することもあります。
次へ
【STEP4】
根管が清潔になったら、再び感染が起こらないように根管の先まで薬を詰めて封鎖します。
次へ
【STEP5】
根管治療後の歯は、詰め物・被せ物による歯冠修復を行います。


トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療



TOP