トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯)

こんな症状でお困りではありませんか?そして症状がなくても...

義歯

「ゆるくなってズレる」「痛くて、噛めない」「入れ歯安定剤を使わないと食べられない」

といった入れ歯に関する悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?最初はぴったり合うように作られた入れ歯も、長く使っている間に、少しずつズレが生じてしまいます。定期的なチェックで、最適な状態に調整することが大切です。

少しでも違和感があるときには、早めにご相談ください。調子が悪いままで放置した状態が長く続くと、自分の歯と入れ歯のズレが大きくなってしまい、調整や修理では対応できなくなる可能性もあります。定期的なメインテナンスで、快適に、そして長く使っていただきたいです。また知らず知らずのうちに歯がすり減ったり、土手(顎堤)がやせてきたりしても気づかないことが多いので要注意です。

壊れた入れ歯は直せるの?
壊れた入れ歯も直せることが多くあります。新しく作るのではなく、今あるものを生かすことができれば一番良いでしょう。ただほとんどの場合、壊れる原因があるので、それを解決することが大切です。そしてそれが、噛み合わせや自分の歯とのずれなどによるものなのです。

噛み合わせを重視した入れ歯治療とメインテナンス

しっかりフィットした入れ歯を作り、気持ち良く使用するポイントは「噛み合わせ」です。製作時に噛み合わせをしっかりチェックすることはもちろんですが、入れ歯を作ったあとの「口元の筋力の保持」も大切です。

できるときにしっかり治療を、その後はメインテナンスで快適に
義歯60代を過ぎると、どうしても避けられない老化の兆しが出てきます。その年代をさらに過ぎて新しい入れ歯を作っても、噛み合わせの悪いクセや調子の悪い状態をごまかして使っていたクセが残ってしまっていて、それを修正することが困難になることが多いです。新しいものに慣れにくい、環境の変化についていきにくくなる...。これは入れ歯に限ったことではありません。

体が元気で健康な65歳ころまでに、手間をかけたしっかりとした治療をして将来に備え、70歳以降は大きな治療をすることなく、メインテナンスと健診で歯周組織と噛み合わせの安定をはかり、お口の機能を生涯にわたり維持していくというのが理想ではないでしょうか。

食べたり、おしゃべりしたり、歌ったりする楽しみをできるだけ長く維持するために、お口の体操やマッサージなども、メインテナンスでは大切です。

入れ歯の素材や種類

入れ歯にはさまざまな種類があります。使用感やお手入れのしやすさなどは、使用する素材や作り方によって大きく異なります。お口の中の状態の変化をチェックし、必要な治療や調整、新たな素材の選択などを行うことで、入れ歯の悩みはきっと改善できます。あきらめず、一緒に治療していきましょう。 患者さん個々の状況によって適応となるものが異なるので、十分に相談して決めさせていただきます。
チタン(保険外)
義歯
純チタン or
チタン合金
・チタンは体内に埋め込むことができるほど安全性の高い金属で、お口の中では金属味がほとんどない
・レジン床の3分の1の厚さでできるので違和感も少なく、熱伝導率がとても良好
・コバルトより軽く、食べ物の温度が伝わりやすい
コバルト(保険外)
義歯
硬質コバルトクローム合金 ・レジン床の3分の1程度の厚さなので、違和感が少なく、熱伝導率も良好
精密なプラスチック(保険外)
義歯
レジン床
金属
・プラスチックであるが、精密な型取りを行って製作
・保険適応の義歯よりも適合性に優れ、設計の自由度が高い
プラスチック(保険適応)
義歯
レジン床
コバルト合金
・使用できる材料やデザインに制限がある
・基本的にはすべてプラスチックのため分厚くなり、快適さが損なわれたり、口の中で熱が伝わりにくくなったりするが「噛む」という入れ歯の基本的な機能については変わりがない
ノンクラスプ(保険外)
義歯
プラスチック ・バネがないので入れ歯とわからない
・適応はお口の状態による
・傷になりにくい
・割れにくい

長い期間使えるように、しっかりと時間をかけて製作

義歯入れ歯の製作は、印象をとって噛み合わせをしっかり確認しながら、丁寧に時間をかけて行っています。また、修理にも対応します。特に保険外の義歯では、よりピッタリと快適に長く使えるような配慮がされています。

保険の義歯と保険外の義歯の違い
保険外の義歯製作では、型取りの際に個人個人のお口のカタチに合わせた型取り用のトレーを作成します。また型取りには、より精度が高い印象材を使用しますので、つけ始めた当初からぴったりとした適合の良い入れ歯を作ることが可能となります。

また、噛み合わせを決める作業も時間をかけて行いますし、必要な際には歯を並べた状態での試し合わせを行い、納得していただけるまで並べ直しや噛み合わせの位置決めを行います。つまり、手間と時間をかけることができるので、正確で良く噛めて、カタチの良い、長期間使用可能な満足のいく、見た目も良くて良く噛める義歯に仕上げることができます。また、完成後の細かい調整も、納得のいただけるまで行います。

保険の義歯の長所は、価格が安いということです。手を抜かず、できるだけのことをして製作にあたりますが、時間や手間をかけたり、良い材料を使用したりということに制限があります。とりあえず装着できるところまでで完了となります。調整のできる回数に制限がある場合もございますのでご了承ください。


トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯)



TOP