トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科

健康重視の審美歯科

審美歯科

審美歯科とは、歯の白さや歯並びといった美しさに焦点をあてた歯科医療全体を指す言葉です。歯の機能を修復するためのみならず、「笑うと銀歯が見えて気になる」「白い歯になって笑顔に自信を持ちたい」というお悩みに応えるために、さまざまな素材や治療方法が登場しています。

ただし、きれいに見せるためだけに健康な歯を削るようなことは、あまりお勧めできません。当院では、あくまでも、歯の健康や機能を重視した審美歯科にこだわりたいと考えています。

しかし、患者さんの強いご要望があり「どうしてそういう治療を受けたいのか」に共感できましたら、健康な歯を削ったり抜いたりする治療をお引き受けするケースもあります。歯の健康を大切に思うのと同じように「患者さんの思い」を大切にして、治療にあたります。

修復箇所の状態によって使い分けるインレーとクラウン

審美歯科歯が欠けたり抜けたりしたとき、そのままにしておくと噛み合わせのズレなどによって、さまざまなトラブルの原因となってしまいます。歯根が残っている場合はインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)、残っていない場合はブリッジや部分入れ歯などが一般的な治療方法です。

修復部分が比較的小さく、咬頭(噛み合わせをする歯の先頭部)を残せる場合は「インレー」を行います。そして、患部が大きく、削る面積も大きくて咬頭を残すことができない場合は「クラウン」という被せ物をします。

また、被せ物によって歯全体の形を変えることも可能なので、クラウンは歯並びの矯正をしたいときにも用いられることがあります。

患者さんの希望や機能性を重視して素材を提案

審美歯科修復の素材は何種類かあり、目的に応じて選択します。従来は「メタルセラミック」という素材が中心でした。これは、セラミックの強度を補うために、フレームに金属を使用している素材です。今一番人気のある審美メニューは、メタルセラミック以上に美しさを向上させた「オールセラミック」です。

これは、表面材だけでなくフレームにもセラミックを使用していることから、従来の歯科用合金に起因する金属アレルギーのリスクが少ないことも特徴です。さらには、光が金属によって遮られないので、より自然な美しい人工歯となります。

多くの患者さんに人気があるのはメタルボンドやセラミックですが、奥歯の治療など、見た目よりも強度が大切になるケースでは、セラミックやジルコニアでなく、金や白金をお勧めすることもあります。いずれにしても、最終的な決定権は患者さんにありますので、ゆっくりとお考えください。

5年間の安心保証
当院では、保険適応外の被せ物や詰め物には、基本的に5年間の保証期間を設けています。万が一、治療後に破損や脱落などがあっても、保証期間内であれば再治療をいたしますのでご安心ください。

(当院でお勧めする定期健診を受けていただいている場合のみ、保証の対象といたします。)

当院の審美歯科メニュー

【オールセラミック】審美歯科
白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用した人工歯です。内部に金属を一切使用していないため自然な色合いが再現でき、審美性に優れていることから、主に前歯の治療に適しています。ただし、強い力が加わると破損する恐れがあるため、歯ぎしりが強い方や噛み合わせが不自然な方は注意が必要です。

<オールセラミックのメリット>
●短い治療期間で、白く美しい歯が手に入る
●歯並びや噛み合わせの改善にも利用できる
●金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出などがない
●金属不使用なのでアレルギーが起こりにくい

<オールセラミックのデメリット>
●割れやすい
●歯を削る量が比較的多い
●保険外の治療なので、値段が比較的高くなる

【ジルコニア】審美歯科
人工ダイアモンド素材をセラミックで覆い、しっかり焼き付けた人工歯です。自然な白さと強度があり、奥歯の治療や歯ぎしりをされる方にも適しています。

<ジルコニアのメリット>
●奥歯を白くしたい人や歯ぎしりをされる方に最適
●金属不使用なのでアレルギーが起こりにくい

<ジルコニアのデメリット>
●天然歯より固いため、噛み合う歯が傷つく場合がある
●保険外の治療なので、値段が比較的高くなる

【メタルボンド】審美歯科
金属の上からセラミック(陶器)素材で覆い、しっかり焼き付けた人工歯です。金属部分が見えないため見た目がきれいで、セラミックによって天然歯に近い色調や質感を再現することができることから、多くの患者さんがよく選択される治療法です。土台に使用した金属が、より強度を高めています。

<メタルボンドのメリット>
●表面硬度が高く、摩耗しにくい
●色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
●歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
●オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

【ハイブリッドセラミック】審美歯科
セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られた人工歯です。オールセラミックよりも柔らかく、ほかの歯にダメージを与えにくいというメリットがある反面、年数の経過によって変色しやすいというデメリットもあります。

<ハイブリッドセラミックのメリット>
●強度が天然歯に近いので馴染みやすい
●色素が付着しにくく、変色がない

<ハイブリッドセラミックのデメリット>
●歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
●オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

【金合金】審美歯科
銀歯に比べて金の含有量が多い人工歯です。天然歯に近い硬さがあり、噛み合わせる相手の歯にも優しく、奥歯の治療などに適しています。耐久性がありますが、色を気にされる方も少なくありません。

【銀歯】審美歯科
保険が適用でき、日常的にお使いいただけます。審美性に欠けているため、奥歯など目立たない部位の治療に適しています。なお、金属アレルギーを引き起こしやすいので、アレルギーがある方は、事前にご相談ください。


トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科



TOP