トップへ » 診療科目と料金 » 矯正歯科

できるだけ抜かない、成長を助ける

矯正歯科

私自身、遺伝や噛みグセなどが原因で、噛み合わせが深く、あごが少し後ろに下がっています。小さいころからそれに気づき正しい噛み方をする努力をしていれば、少しは正常に近づけたのかな、と思います。遺伝による影響も大きいのですが、生まれてからの習慣を正すことで少しでも良い形に近づけることができるのではないかと考えます。勉強でも運動でも正しい方法を学ぶことは、将来のために大切だと思います。

そのため、小さいころから気をつけたいのは「しっかり噛む、正しく発音する」といった機能を身につけることにより、その子の持ちうる最高の機能とカタチを獲得するように努めるということです。できれば矯正装置などを使用せずにきれいなお口ができれば理想的ですね。

また、歯並びや噛み合わせには遺伝が大きく影響することから、お子さまが成長するにつれて発生してくると思われる問題点なども、ご両親のお顔を拝見するとおおよその予想がつきます。ですから、ご両親の理解の下で、小さなころから悪いクセなどを正しておくことで、問題の発生を防いだり改善させたりできる場合もあるのではと考えています。

当院の矯正治療は小児矯正が中心

矯正歯科当院の矯正では、できる限り歯を抜かず、床矯正装置や拡大用のワイヤーなどを用いて歯列を拡大する治療方法を優先しています。そのため、成人の方や困難な矯正治療が必要な場合には、専門医を紹介させていただく場合もあります。

幼児・学童期からのマウスピース矯正も行っています

矯正歯科反対咬合(受け口)や上顎前突(出っ歯)、過蓋咬合(かみ合わせたときに下の前歯が見えない)、叢生(歯が並ぶスペースがない)などが気になる、またこれらを健診などで指摘されて心配されている保護者の方も多いのではないでしょうか?また、最近は口呼吸の弊害が話題になることも多く、それを気にして来院される方もいます。
当院では、それらを改善するために負担の少ないマウスピース型の装置も使用しています。

これらの装置を、就寝中と起きている時1時間以上使用することにより、口周囲の筋肉(唇、舌、頬など)の正しい使い方を習得することにもなり、歯ならび、噛み合わせが改善されるだけでなく、より好ましい顔貌への成長を促してくれます。また口呼吸から鼻呼吸へ改善されることで、より健康な人生を過ごせるようになることが期待できます。
歯ならびだけの治療期間であれば最短で1~2年が目安ですが、装置を使用した口周囲のトレーニングという考えからその後も定期的な健診を継続していくことが重要で、必要に応じて装置を換えていく場合もあります。またワイヤーを併用するケースもあります。

歯ならび、噛み合わせは遺伝による影響も大きいので、すべての症例がこの方法だけで治療できるとは限りませんが、小さな頃から正しい口の使い方を習得できることによるメリットは将来的にも大きいと考えますので、お子さまの歯ならび、噛み合わせ、口呼吸が気になっている方は、ぜひ一度ご相談ください。

当医院で使用している小児向けの矯正装置についてはこちらを参考にしてください

当院では、床矯正も取り扱っております

矯正歯科床矯正装置とは、入れ歯と同じようなプラスチックのプレートでできた本体に、スクリューやスプリングがついた構造です。このスクリューを回すことでプレートが拡がり、その装置がゆっくりと歯列を拡げ、歯を動かし、歯並びをきれいにしていきます。ただし、拡大しただけではきれいに並ばない場合には、拡大が終わったあとでブラケットとワイヤーを用いた矯正を行う場合もあります。

矯正をスタートする時期がポイント
永久歯が生え揃ってしまったあとでは、床矯正での治療には限界があります。早い時期から床矯正をスタートすれば、歯を抜かずに矯正することが可能となる確率が高くなります。

あごの成長が止まるまでに歯並びや噛み合わせの問題を解消することが重要だと考えています。

矯正治療の流れ

【STEP1】相談~初診矯正治療の流れ
まずは、保護者の方とお子さま本人の希望や疑問をお伺いすることから始めます。お子さまの不安を取り除き、歯科医師とコミュニケーションが取れたところで、お口の中や顔の骨格を簡単に診察します。その後、矯正治療の概要や流れをご説明します。

次へ
【STEP2】詳細な診察矯正治療の流れ
ベストな治療計画を立てるために、患者さんのおの中を詳しく診察します。レントゲン撮影・歯の型取り・口の中と顔の写真撮影などを行い、現在の歯と骨格の状態を確認します。

次へ矯正治療の流れ
【STEP3】治療計画の立案・ご説明
まずは、レントゲンなどの診察データをもとに、治療方法や期間、費用や支払い方法などをご説明します。その上で、あらゆる面で納得して治療に臨めるように十分話し合い、治療計画を立てていきます。

次へ矯正治療の流れ
【STEP4】クリーニング+むし歯の治療
治療の前には、PMTCなどで口の中をきれいにクリーニングします。さらには、矯正治療中に新たなむし歯を発生させないよう、患者さんに適した歯みがき指導も行います。また、むし歯がある場合には、矯正治療前にむし歯を治すことから始めます。

次へ
【STEP5】矯正治療スタート矯正治療の流れ
いよいよ矯正治療のスタートです。床矯正の場合、初めて矯正装置をつけるときは、調整等のために1~2時間ほど要します。装置をつけた直後は、締めつけられるような感じや痛みを感じることがあるかもしれませんが、数日~1週間後にはおさまります。ご安心ください。

※床矯正の装置をつけたあとは、3~8週間おき(症状による)にご来院いただき、歯の状態チェックや装置の調整、歯のクリーニングなどを行います(1回の治療時間は15分~1時間)。治療期間の目安は1~3年ですが、症状や装置の種類、治療の難易度によって変わります。

次へ矯正治療の流れ
【STEP6】治療終了~アフターケア
歯並び・噛み合わせがきれいに整い、よく噛めるようになったら矯正装置による矯正は終了です。しかし装置を外したままにすると、歯が再び動いて元の状態に戻ろうとしてしまうため、正常な位置に落ち着くまでの1~2年間は保定期間となります。

歯を支えている骨が新しい歯並びに合わせてしっかりと落ち着くまで、取り外し可能な「リテーナー」という固定用装置を使います。ここからは3ヶ月~1年に1度、メインテナンスにご来院いただきます。


トップへ » 診療科目と料金 » 矯正歯科



TOP