トップへ » はじめての方へ » 丁寧で正確な治療が信条 » 病気の原因を除去すること、元の状態を維持すること

病気の原因を除去すること、元の状態を維持すること

歯を残す髪や爪はカットしても再び伸びてきますが、歯は削ったり抜いたりすると二度と元どおりにはなりません。また、インプラントは人工物なので、自然の歯にはとうていかなわないし、使用すれば何らかの影響があると思われます。

そういったことから、私はなるべく元の状態を維持する方向で歯の治療を進めていきたいと考えます。それが「負担の少ない医療」ですが、必要な場合にはインプラントなども用いて、より健康な人生を過ごせるようにすることも私たちの努めであると考えます。

可能であれば、最初から何もしないで済むことがベスト。だからこそ予防が重要だと考えます。このような考えで、地域の皆さまの健康に少しでも貢献できれば、本当にうれしく思います。

生まれもった歯を大事にしたい
「なるべく元の状態を維持する方向」「最初から何もしないで済むことがベスト」というのは、たとえば「劣化した被せ物や詰め物を交換するといった治療には抵抗がないが、生まれもった歯を削ることには抵抗がある」ということです。何事も「過剰・やりすぎ」は良い結果につながらないと思います。でも、むし歯になっている部分や歯垢・歯石など、体に害のあるものはしっかり取り除かなくてはなりません

予防ケアの推進を目指して歯を残す
定期健診やPMTCで継続したケアを行っている方は、長年にわたって多くの歯を残している傾向がありますし、実際にそのことを証明するデータもあります。歯の間や歯周ポケットの歯垢(バイオフィルム)や歯石など、毎日の歯みがきだけでは取りきれない汚れをオフして、健康な口内環境を守れるよう予防ケアを推進していきたいと思います。そして、それがさまざまな病気の原因を除去することにもつながります。

まだ乳歯ばかりの小さなお子さまの場合は、むし歯が1本もない状態をキープできればそれに越したことはありません。もしむし歯になったとしても、いずれ永久歯に生え変わるので、小さなむし歯を気にし過ぎる必要はありませんが、(気にして過剰な治療をするよりも)「どうしてむし歯になったのか」その原因を一緒に考えて、今後は1本もむし歯をつくらないようにしてあげてください。できてしまったむし歯をきっかけとして、生活スタイルを正すことができたり、予防意識が高められたりしたら、そのほうが将来的に良い結果へとつながるはずです。

生まれもったパフォーマンス(機能)を最大限に引き出す治療を
「何もしないで済むことがベスト」とは言っても、感染の元になって体に対して大きな害を与えたり、歯としての機能を果たしていないのに周囲に悪影響を与えたりするケースや、残根歯の膿などには、放置することなくしっかり対処すべきです。

そういった、必要な治療と不要な治療の見極めのベースとなるのは、患者さんとのカウンセリングです。日ごろのメンテナンスの大切さをお伝えすることも含め、患者さん一人ひとりにとって最適な治療内容や治療方法をご提案するには、カウンセリングが最も重要だと考えます。

丁寧で実のあるカウンセリングを実施歯を残す
カウンセリングは、患者さんのお話を聞き、患者さんのことを理解することから始まります。お口の中の現状を把握するのはもちろんのこと、価値観やライフスタイルなどもお伺いして、患者さまとの距離を縮めることにより「当人にとって最善なこと」をして差し上げたいと考えます。

予防ケアの具体的な方法も、1回目の通院時には「まず真っ先にやるべきこと」を伝え、次の通院時には、その結果を踏まえて「新たな提案や情報の提示」をするなど、患者さんが実行しやすい方法を考えながら、予防の大切さをお伝えしていきます。

もちろんご希望があれば、一連のケア方法をまとめてじっくりとお伝えすることも可能です。患者さまのご要望を第一に、やりやすく・続けやすく・効果が得られやすい方法を一緒に考えていきたいと思っています。


トップへ » はじめての方へ » 丁寧で正確な治療が信条 » 病気の原因を除去すること、元の状態を維持すること



TOP