«  2014年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年6月18日

暑い季節になり、冷たいものを口にする機会が増えてくると、むし歯や欠けているところもないのに冷たいものが歯にしみる・・という知覚過敏の症状が目立ってきます。

現代人は冷蔵庫で冷えたものを食べたり飲んだりすることで、消化器官を冷やしすぎている・・
ということもよく聞くことです。

歯も消化器官の入り口であると考えると、歯がしみることで
「これは冷たいから、だめだよー」といっているような気もするのですが。

こんなに冷たいものはやめて!という体からのサインなのかも知れませんね。

でも、歯がしみるのはむし歯の場合もありますし、知覚過敏に効く方法もありますから早く治療しましょう。

いちかわ歯科医院

2014年6月16日


歯の痛みといっても、その原因によって痛み方も違いますが
対処のしかたも違うのは当然のことです。

休日や夜間などで歯科医院に行けない場合の自分でできる、応急処置を載せておきます。
あくまでもご参考までに・・

むし歯に自然治癒はありませんから、このような症状が出たら必ず、早めに治療を受けましょう。

① 冷たいものがしみる、むし歯や穴にさわると痛む

詰めたものがとれてしみる、むし歯で穴が開いてしみる場合は何か詰めておけばとりあえずはしみなくなるはずです。
  
市販薬である今治水(コンジスイ)を綿に含ませて詰めることで刺激を遮断し、歯髄を鎮静させることが期待できます。また、正露丸を穴に詰めるという方法もありますが臭いがきついです。
詳しいことは使用説明書をよくご覧になってご使用ください。 

② 脈打つようにズキズキいたむ。
 
むし歯が進行して歯髄や根の先までダメージを受けていると思われます。

市販の鎮痛剤を服用することで症状をやわらげましょう。
氷を口に含んで冷やす・・などで症状が鎮まることもあります。頬などにも熱感があれば氷水や冷えピタなどで冷やすのも良いでしょう、ただし氷水の場合は冷やしすぎないように時々離してください。

ものが詰まると痛みが強くなる場合は小さな歯ブラシなどで食べかすを丁寧に取り除くことで痛みが和らぐ場合があります。
  
冷やすと痛みが強くなるならば①と同じようにします。

①も②もむし歯で穴があいている場合です。
詰め物やかぶせものがしっかり入っている歯は、これを取り除かないと、直接のアプローチができませんので、鎮痛剤を服用して症状を緩和するしかありません。 
  
歯科医院では、必要の応じて抗生剤も処方し、急性症状が治まってから詰め物やかぶせものを除去して治療に入ります。

③歯ぐきが痛む

歯の周りの歯肉が痛む ・・・歯周病からの症状が多いです

歯周病の原因は、歯についた歯垢ですから、丁寧に歯垢を取り除くように歯みがきをすれば、痛みが緩和することもあります。軟らかい歯ブラシで歯肉を痛めないようそっとですよ。歯ブラシで痛むようなら綿球で歯垢をぬぐい取ります。    

痛みが強ければ市販の鎮痛剤を服用します。
    
頬などにも熱感があれば冷えピタや氷水などで冷やすのも良いでしょう、ただし氷水の場合は冷やしすぎないように時々離してください。


いずれも、早めに歯科医院に行きましょう。お大事に!

いちかわ歯科医院


2014年6月11日

日曜日や祝日でかかりつけの歯科医院が閉まっているのに、お口のトラブルが・・

そのような時には、お住まいの地域の休日急患歯科診療所へおたずねください。

小田原地域では
日曜日・祝日は朝9時から午後3時30分まで

歯科医師会会員の当番歯科医師により
小田原市休日急患歯科診療所で診療を行っています。

電話0465-47-0825です。

小田原歯科医師会 休日急患歯科診療所

2014年6月 1日

6月1日(日)午前10時~小田原市川東タウンセンターマロニエにて小田原歯科医師会主催の「第15回歯と健康を守る集い」が開催されました。
今回は 在宅口腔ケアで命を守る!~超高齢化社会を迎えて というテーマで
在宅口腔ケアのパイオニアである 米山武義先生の講演を聴いてきました。

口腔ケアをすることで、高齢者の肺炎発症率が半減することや、他の疾患でも入院期間が短縮される効果があるなど、現実のデータを見ると口の中を清潔にすることが、人の健康と寿命に大きく関わっているんだということに改めて、気づかされます。

また、食べる、しゃべるという口の機能を維持することが、生活の質(QOL)の維持にいかに大切かわかります。

一日くらい食べなくても何とか我慢できるけど、一日しゃべらないのはとても辛い・・・
口は命の入り口、心の出口だからしゃべれないと心の出口が無くなってしまう・・というようなこともお話されていました。そして唄を歌うことがとても良いと・・・・。

明日は来院されている患者さんのお口をキレイにするのはもちろん、唄を歌うことも勧めよう!
140601米山武義先生講演.jpg

« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちかわ歯科医院 院長 市川裕之 いちかわ歯科医院
http://www.ichikawa-shika.jp/
院長 市川裕之

【略歴】
1987年 神奈川歯科大学 卒業
1987年 横浜市 恵歯科勤務
1987年 藤沢市 星谷歯科医院・歯科麻酔研究所 非常勤勤務
神奈川歯科大学麻酔学教室研究生
1991年 いちかわ歯科医院 開業
1996年 小田原市歯科二次診療所当番医
1997年 小田原市立酒匂中学校学校歯科医

【所属学会・認定医】
日本歯科東洋医学会
日本一般臨床医矯正研究会
日本顎咬合学会
日本障害者歯科学会
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
市立酒匂中学校学校歯科医
小田原歯科医師会訪問歯科診療協力医
小田原市歯科二次診療所当番医
神奈川県障害者歯科医療担当医
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医