トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » インプラントとは?

インプラントとは?

インプラント

歯は目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。むし歯などで、目で見える部分だけを削った場合には、差し歯など、歯根を残して治療することも可能です。しかし、むし歯や歯周病が進行し、抜歯するしかないほど悪化してしまった場合には、見えている部分だけでなく、それを支えている歯根も失ってしまいます。

噛むという行為は、想像以上に強い力を歯とあごにかけています。歯根を失ってしまった部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がなくなることによって次第に痩せていきます。また、周囲の歯の歯根が移動してしまうため、ぴったり合わせて作った義歯でも次第に合わなくなり、何度も作り直す必要が出てきます。

そこで、失われた歯根の代わりにチタン製の歯根を埋め込み、上部に歯を被せたり、義歯などの支えとしたりするのがインプラント(人工歯根)療法です。この治療法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができるので、骨の変形も少なくなることが知られています。


トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » インプラントとは?



TOP