トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラントインプラント治療には、一回法と二回法があります。一回法では、外科手術は一回のみ行います。まず、手術でインプラントを埋め込み、その一部をあごの骨の外に出しておきます。そして、インプラントと骨との結合期間を経て、外に出しておいた部分にアバットメント(インプラント体と人工歯を固定するための支台)を装着し、人工歯を取り付けます。

二回法では外科手術を二回行います。一回目でインプラントをあごの骨に埋め込み、一度歯ぐきを縫合で閉じたあと、インプラントと骨が結合するのを待ってから(3~6か月後)二回目の手術を行います。そこで再び歯ぐきを切開し、アバットメントをインプラント体に装着して人工歯を取り付けます。


トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » インプラント治療の流れ



TOP