トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » 従来の治療とインプラントの違い

従来の治療とインプラントの違い

インプラント●ブリッジとインプラントの違い
ブリッジは、失った歯の両側の歯を削るなどして人工歯冠を被せるため、健康な歯まで傷つけてしまいます。ですが、インプラントは、両隣の歯はそのままで、負担もかかりません。

インプラント●部分入れ歯とインプラントの違い
部分入れ歯では、義歯を固定するために金属の支えなどを使用します。そのため違和感を訴えたり、見栄えを気にしたりする方もいらっしゃいます。その点インプラントでは、失われた歯根部分の骨を支えにして人口の歯を固定することから、天然の歯に近い感覚で噛むことができ、見た目も美しく、自然に仕上がります。

治療方法
現在、当医院では院長によるインプラントの植立は行っていません。さまざまなケースに対して高度化するテクニックをマスターし、最良の方法で治療することを1人で行うのはとても難しいからです。また、抜歯してインプラントにするということは「できるだけ歯を残したい」という治療方針と相対する場合もあるからです。

しかしながら、インプラントには多くのメリットもあり、これで救える患者さんも多数います。必要があれば患者さんにとって最良な治療をしたいという考えから、インプラントの経験豊富な歯科医に植立手術を依頼しております。

インプラント インプラント

これらは、当医院で行ったインプラントのケースの一部です。
(術後3年以上経過した定期健診時のレントゲン写真です)
ブリッジにするための両脇の歯がない奥歯や長いスパンの欠損(歯がない部分)では、インプラントがとても有効です。


トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » 従来の治療とインプラントの違い



TOP