トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 「ぐらつく歯でも抜かずに保存治療」が方針

「ぐらつく歯でも抜かずに保存治療」が方針

当院では、ぐらつく歯も抜かずに保存する治療を目指しています。ぐらぐらしていても、しっかり噛めているという感覚があれば、その歯はまだ機能しています。機能している歯は、可能な限り残します。

そのため、噛み合わせを調整するために歯を固定し、グラつきを抑制する治療を行うことがありますし、必要に応じてレーザーや抗生剤を使用することもあります。

しかし「動いて痛くて噛めない歯」や「全身的に悪影響があるような歯」は、抜歯しなければならないこともあります。


トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 「ぐらつく歯でも抜かずに保存治療」が方針



TOP