トップへ » 診療科目と料金 » 矯正歯科 » 乳児期からのマウスピース矯正も行っています

乳児期からのマウスピース矯正も行っています

矯正歯科3歳児健診で反対咬合(受け口)と指摘され、心配されている保護者の方も多いのではないでしょうか?当院では、それぞれのお子さまの症状に対応するためマウスピース型の矯正装置を数多くご用意しています。

これらの装置により、乳歯期反対咬合が改善されるだけでなく、前歯の永久歯を正常な噛み合わせへと誘導したり、噛み合わせのための筋肉のバランスを整えたりすることが可能となり、正しい成長発育へと促してくれます。使用期間は約1~2年が目安ですが、その後も定期的な健診を継続していくことが重要です。

状態や難易度などによって、すべての反対咬合がマウスピース矯正だけで治療できるとは限りませんが、お子さまの反対咬合が気になっている方は、ぜひ一度ご相談ください。


トップへ » 診療科目と料金 » 矯正歯科 » 乳児期からのマウスピース矯正も行っています



TOP