トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(むし歯治療) » 痛みを抑えた治療のためのこだわり

痛みを抑えた治療のためのこだわり

一般歯科お子さまに限らず「痛いから歯医者は苦手」という方も少なくないでしょう。痛みは、恐怖心を生むだけでなく、精神的・身体的なストレスとなりますので、当院ではさまざまな方法で痛みを軽減するようを心がけています。

麻酔注射には「痛くない打ち方」があります。まず、麻酔の針が太いと痛みが強くなりますので、極細の注射針を選択。さらには、麻酔薬が冷たいと注入したときに違和感が大きく、神経を刺激することで痛みにつながってしまうため、器具や麻酔薬を暖めておくことにも留意します。

また、歯ぐきを指で押しながら注射をすることで、針を挿入するとき感覚を鈍らせることもテクニックのひとつです。こういった心配りを忘れないことはもちろん、テクニックの習得などに関しては十分な訓練を行い、患者さんに痛みを感じさせないよう努力しています。

表面麻酔で、麻酔の痛み自体も軽減
歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔をかけますが「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、麻酔注射の前に表面麻酔を使用し、麻酔の痛みそのものも軽減させています。

表面麻酔とは、塗り薬のように、患部に直接塗ることで皮膚や粘膜の知覚を麻痺させる麻酔法です。先に表面麻酔を施すことで、麻酔針を注入する際の「チクッ」とする痛みを最小限に抑え、患者さんの恐怖感や不快感を取り除いています。

電動麻酔で麻酔薬の注入速度をコントロール一般歯科
麻酔薬を注入する際の痛みの原因は、大きく分けると2つ考えられます。1つ目は、冷たい麻酔薬が体内に注入されたときの温度差。これは、器具や麻酔薬を暖めておくことで軽減できます。そして2つ目は、麻酔を注入するスピードによる余計な圧力です。

手動で麻酔を打つ場合、十分に気をつけていても、麻酔薬を注入する速度が速くなったり遅くなったりと変動してしまいがちです。そこで当院では「電動麻酔機」と呼ばれる装置を使って、一定の速度でゆっくり注入することにより、麻酔薬を入れるときの痛みや不快感を抑えています。


トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(むし歯治療) » 痛みを抑えた治療のためのこだわり



TOP