トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療

日本人の成人80%が歯周病に

歯周病治療

歯周病は歯肉に炎症の起こる病気で、進行すると歯を失ってしまうこともあります。悪化して自覚症状が出るまでは「自分には関係のない話だ」と思っていた患者さんも多いのですが、実は約8割の日本の成人が歯周病にかかっている、という事実もあるのです。

自覚症状がないまま、症状は悪化する
歯周病の原因としては、遺伝が関係しているケースもあれば、日々のストレスが原因となっているケースもあります。中でも影響が大きい原因のひとつは、口の中の細菌が歯と歯肉の間にある歯周ポケットで増殖してしまうことです。

細菌が繁殖することで歯肉に炎症が起こり、歯肉の内部や歯を支える骨にまで影響が広がっていくのです。そこで当院では、プラークコントロール(歯垢除去)を中心とした治療を基本として、原因を取り除くことに注力しています。プラークコントロールには、歯科医師や歯科衛生士が行うものと、患者さんご自身が行うものがありますが、ご自身で行うのは主にブラッシング(歯ブラシでの歯みがき)です。

全身に広がる悪影響
歯周病は歯を失う原因の第1番ですが、それだけではなく、歯周病があると細菌や炎症物質が血液に入り込み、全身に運ばれて悪影響を及ぼすことがわかっています。歯周病と密接な関係がある病気として「心臓病」「脳卒中」「糖尿病」「早産・低体重児出産」「誤嚥性肺炎」などがあります。したがって、歯周病が改善できれば、全身の病気が改善したり、発症の予防につながったりする可能性があります。

現状のお口の中の状態をしっかり知る

歯周病治療まず、レントゲン写真や歯周組織検査の結果などによって、ご自身のお口の中の状態や歯周ポケットの有無などについてご説明します。必要があれば、口腔内が健康な状態の方の写真と比較するなど、視覚的に確認していただきやすい方法でご説明しています。

また、歯周病は、ストレスの有無や食生活、嗜好性なども関係していますので、患者さんのライフスタイルについても話を伺い、患者さん一人ひとりに合った治療法やアドバイスを行っています。

「ぐらつく歯でも抜かずに保存治療」が方針

当院では、ぐらつく歯も抜かずに保存する治療を目指しています。ぐらぐらしていても、しっかり噛めているという感覚があれば、その歯はまだ機能しています。機能している歯は、可能な限り残します。

そのため、噛み合わせを調整するために歯を固定し、グラつきを抑制する治療を行うことがありますし、必要に応じてレーザーや抗生剤を使用することもあります。

しかし「動いて痛くて噛めない歯」や「全身的に悪影響があるような歯」は、抜歯しなければならないこともあります。

正しく効果的なブラッシング方法を知ってもらいたい

歯周病治療当院では、歯周病の専門的な知識と技能をもった歯科衛生士が、正しいブラッシングの方法を丁寧に指導いたします。ポイントは「歯磨き剤を使わないブラッシング」です。汚れやプラークを除去するには、歯磨き剤の薬効に頼るのではなく、奥歯や歯の裏側までしっかりブラシを届かせて、歯面をくまなくブラッシングすることが重要なのです。また、必要によってデンタルフロスなどの補助清掃用具の使用をお勧めする場合もあります。

できれば1回10~15分、最低でも1日2回(朝と夜)はブラッシングを行いましょう。タイミングとしては、毎食後すぐのブラッシングが理想的です。正しいブラッシングを実行できれば、数日で「出血していたけど、血が出なくなった」「歯ぐきが引き締まってきた」といった効果が実感できます。

快適な定期的ケアで歯周病の予防と治療を
歯周病の怖さは、初期段階では自覚症状がほとんどないことであり、歯がぐらついたり歯ぐきに痛みを感じたりするころには、すでにかなり悪化しています。悪化させないためには早期発見・早期治療が重要なので、自覚症状がない方も、数ヶ月に一度は歯科健診を受けることをお勧めします。

ご自分では取り切れないプラークや歯石などを定期的なクリーニングによって完全に取り除くことが、歯周病の予防と治療にもなる大切なケアなのです。お口の中もサッパリします。

恐い歯周病の実態を理解しよう

歯周病(歯槽膿漏)は、歯ぐきの病気です。「歳を取ると歯が抜ける」という認識は間違い。病気のために抜けてしまうのです。

●病気の進行(概念図)
歯周病

歯を磨く姿勢は正しく

「突っ込み振るわせ磨き」を習得しましょう。
疲れずに十分に磨くには、標準的姿勢の会得が大切です。
歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間にブラシの毛先を突っ込み、ごく小さく振るわせて磨きます。

●歯磨き剤は使いません
●水もいりません
●テレビを見たり、お風呂に入ったり、リラックスタイムにゆったり歯を磨きましょう
●健康な人で30分、歯周病の人は1時間以上
・10分×3回=30分
・短時間ではいずれ悪くなりやすい

歯周病


トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療



TOP