トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科

早めの歯科医院デビューを

小児歯科

1歳6か月児健診や2歳児、3歳児健診などでむし歯が見つかったら、早めに受診をしてください。初期のむし歯であれば、削ることなく抑制処置で終わらせることができるかもしれませんし、小さな穴であれば、歯の色と同じような詰め物で修復することで、見分けがつかないくらい、きれいに治すことが可能です。

1歳6か月児健診でむし歯がなくても、むし歯予防や正しい仕上げ磨きの方法も、このころから身につけていくことがとても大切なことだと思います。この時期の悪い習慣のためにむし歯になってしまうことが多く、乳幼児期にむし歯をつくってしまうと、進行しやすいので重症化しやすく、治療を受けることがお子さんにはとても苦痛になります。その結果「歯医者嫌い」になってしまいます。

また、噛み合わせの異常や悪いかみ癖などは、早い時期に気づいて修正できればより望ましいので、少しでも気になることがあればお気軽にご相談ください。

慣れるところから始めましょう、歯医者嫌いをなくしたい...
私自身、子どものころはむし歯が多くて、歯科での治療が苦手でした、そう「歯医者嫌い」です。だからこそ、早めの歯科医院デビューでむし歯にならない人生を...と勧めています。でも、むし歯になって治療をしなければならないとしたら...。

はじめから無理をして治療を強いることはしたくありません。まずは、歯科医院とそのスタッフに慣れてもらうことから始めていくことを考えます。知らない人にお口の中をいじられるのは、誰でも嫌ですから。

歯みがきしているのになぜむし歯になるの?
この疑問に答えるためのポスターを掲載しました。
歯みがきをすることよりも、食べたり飲んだりする間隔をあけること、夜眠る前には何も食べずに、歯みがきをしてお口をきれいな状態にしておくことが、むし歯予防には大切ということがわかります。
むし歯の新しい原理

むし歯の新しい原理

無理やり治療をすることはありません

小児歯科当院では、泣いたり嫌がったりしているお子さんを、押さえつけて無理やり治療することはしていません。お口もあまり開けずにモゴモゴしていたり、唇が強張っていたり、歯を食いしばったりしている状態で、無理に治療することはとても危険だからです。

まずは医院やスタッフに慣れることから始め、その次に口を開けることへの慣れを促すマッサージやお口の体操などをして、危険のない状況を作ってから治療に入ります。ご希望であれば、親御さんが診療台の近くにいることも可能ですので、ご安心ください。

必要な応急処置はしっかり行います
ただし、痛みがある、膿が溜まっているなどで応急処置が必要な場合には、最小限の治療は行います。痛みで眠れなかったり、食事が摂れなかったりということでは、健康を損なうことになります。

応急処置は、痛みを抑えるための仮詰めや薬の処方、むし歯の進行を抑制する処置などですが、患部の状況にもよります。もちろん、保護者の方へのご説明とご相談をし、同意をいただいてから治療しますので、安心してお子さまをお連れください。

「私自身が出会いたかった歯科医」を目指します

小児歯科しっかり予防ができれば、歯を削ったり抜いたりする必要がなくなるのですから、予防は歯の治療の痛みや不快さを排除するための最良の方法です。予防の意識が高まることは、地域の人々も医院も患者さんも、皆が幸せになることにつながるので、ぜひお勧めしていきたいと考えています。

また私自身、小さいころに「歯医者嫌い」にならなければ、もう少しは良い歯でいられたかも...と思うのです。だからこそ「自分が小さいころに出会いたかった歯科医」になりたいと考えています。


トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科



TOP